産経WEST

法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ

 高校で使われている倫理の教科書に、浄土真宗の宗祖、親鸞との師弟関係をめぐる不適切な記述があるとして、法然を宗祖とする浄土宗(京都市東山区)が4月から調査研究に乗り出すことが分かった。大半の記述は「法然が親鸞より劣るという誤解を招く」と判断した。発行元に訂正を求めることも視野に入れる。教科書記述に対する宗教界からの異例の反論だが、結末はいかに-。

 文部科学省によると、平成26年度に使われている高校倫理の教科書は6社7冊。このうち6冊は、親鸞が師匠である法然の教えを「徹底」または「発展」させたと解説している。

 こうした表現に対し、浄土宗の一部僧侶らが「法然は不徹底で教えが未完成と受け取れる」と批判。「高校生に先入観を植え付け、将来の信仰にも影響を与えかねない」として、宗派に対応を求めていた。

 浄土宗は、宗教に関する寛容の態度などを定めた教育基本法の精神にもそぐわない表現だと判断。27年度から、過去の教科書や日本史・道徳など他の科目、論文についても精査し、現行の記述に至った経緯を調査研究することを決めた。

 山本正廣教学局長は「伝統仏教の各教団にはそれぞれ完成した教義があるのに、現状は公教育の場で優劣をつけかねない事態になっている。発行元にはバランスの取れた記述に変えてもらいたい」と話す。

このニュースの写真

  • 法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ
  • 法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ
  • 法然、親鸞の師弟関係記述は「不適切」 浄土宗指摘、高校教科書調査へ

「産経WEST」のランキング