産経WEST

未年の「ジンギ丼」ブレークなるか!?岡山・蒜山でB級グルメ新メニュー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


未年の「ジンギ丼」ブレークなるか!?岡山・蒜山でB級グルメ新メニュー

 岡山県真庭市の蒜山(ひるせん)地域から羊肉料理の魅力を発信しようと、「ひるぜんジンギ好(ス)会」が結成され、オリジナル料理のミニ丼「ひるぜんジンギ丼」を発表した。31日、2月1日に地元で開かれる「ひるぜん雪恋まつり」や全国のイベントに出展する。

 同会は蒜山地域を代表するグルメ「ジンギスカン」で地域の活性化を図ろうと、地域の飲食6店舗で結成。新メニュー「ひるぜんジンギ丼」は、あぶり焼きにし、さらに自家製のたれで香ばしく焼き上げたラム肉を使用している。

 石賀幹浩会長(44)は「今年は未年。フレッシュなラム肉を使い、気軽に食べられるメニューを今後も開発していきたい」と話していた。

関連ニュース

【駅グルメ探検隊】阪神・西宮駅 中華ひるね

「産経WEST」のランキング