産経WEST

【関西の議論】萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣

アニメ「けいおん!」に登場するキャラのコスプレでサミットに参加したファンら

 アニメ作品の舞台となった場所を訪ねる「聖地巡礼」。年間約100作品ものアニメが制作されていることから、聖地も全国的に増殖し続けている。そんななか、昨年11月に人気アニメ「けいおん!」の舞台とされる滋賀県豊郷町の旧豊郷小学校校舎群で「全国アニメ聖地サミット」が開催され、全国から地域関係者やアニメファンらが集まった。その一方で、突然、見知らぬ来訪者が殺到して地元で戸惑いの声があがれば、地域の安直な発想にファンが反発することも少なくない。アニメ聖地巡礼の現状と課題を追った。(小川勝也)

小さな町に殺到…災い?転じて交流を育成、試行錯誤

 昨年11月23日に旧豊郷小で開催された全国アニメ聖地サミットは、約400人ものアニメファンらでにぎわった。旧豊郷小は関西有数の聖地として定着。現在では年間5万人ものファンでにぎわい、他自治体からも動向が注目されるほどになった。

 人口7300人しかいない小さな町・豊郷町に異変が起きたのは、平成21年春のことだった。町では見かけない若者たちが大挙して訪れるようになった。「『何が起こったんや』という感じでしたね」と同町産業振興課の清水純一郎さんが振り返る。調べてみると、当時に放送されていたアニメ「けいおん!」の舞台が、旧豊郷小の校舎に似ているとの噂がファンの間で広まっていることを知ったという。

 廃部寸前の軽音楽部でバンドを組んだ女子高校生たちの日常を描いた「けいおん!」。彼女たちが通う高校は外観だけでなく、イソップ童話「兎と亀」をモチーフにした階段の手すりもそっくりに再現されている。

「アニメファンはロリコン。子供が写真を撮られるのでは」「ごみ捨てるのでは」

このニュースの写真

  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣
  • 萌える「アニメ聖地巡礼」…”ムキ出し”まちおこしにファン猛反発、「対話」こそ成功の秘訣

関連トピックス

「産経WEST」のランキング