産経WEST

これで「号泣県議」現われない? 政務活動費の専任部署を新設 兵庫県議会事務局

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


これで「号泣県議」現われない? 政務活動費の専任部署を新設 兵庫県議会事務局

 野々村竜太郎元兵庫県議(48)が政務活動費の不適切な支出を繰り返していた問題を受け、県議会事務局は25日、政活費の収支報告書のチェックなどを行う専任部署として「審査室」を新設すると発表した。来年1月1日付。

 審査室には職員4人を配置。このうち室長(総務課副課長)、企画調査班長(総務課主幹)ら3人は政活費の事務を専任で行う。県は同日付の異動で、室長と同班長に、政活費審査や経理の経験がある職員を据える。

 政活費の事務はこれまで、総務課経理班が他の事務と同時に処理。10月の政活費条例改正ですべての支出について活動報告書の提出を議員に義務付け、事務局への提出書類が増えるため、態勢を強化する。

「産経WEST」のランキング