産経WEST

橋下氏、最高顧問就任「一番イヤな肩書、死んでもイヤ」さらには「了承した覚えない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


橋下氏、最高顧問就任「一番イヤな肩書、死んでもイヤ」さらには「了承した覚えない」

維新の党の最高顧問就任について「了承した覚えない」と発言した橋下徹氏=24日午前、大阪市役所(門井聡撮影)

 維新の党の共同代表を辞任した橋下徹氏(大阪市長)は24日、最高顧問に就任したという党の発表について「了承した覚えはない。一番嫌な肩書。死んでも嫌」と話し、現在は党役員の肩書はなく一党員であることを強調した。市役所で記者団の取材に答えた。

 橋下氏は23日に東京都内で開かれた執行役員会で、「大阪都構想」の実現に専念するために辞任を申し入れ了承された。橋下氏によると、その際にほかの出席者から顧問就任を要請されたが「勘弁してください。やるなら法律顧問。事務所で契約して顧問料を請求する」と冗談交じりに断り、そのままうやむやに終わったという。

 橋下氏は記者団に「僕の年で最高顧問なんてありえない」と話した。一方、都構想実現の鍵を握る来年春の統一地方選後に共同代表に戻る可能性については、「自分の一存では戻れない。どうするかは民主的な党のルールに従ってその時に決める」と述べた。復職の意思についても「今ここで言うことではない」と明言を避けた。

「産経WEST」のランキング