産経WEST

【STAP細胞】存在否定 日本の科学研究の停滞懸念

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【STAP細胞】
存在否定 日本の科学研究の停滞懸念

 「世紀の発見」と称賛されてから11カ月、理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子氏(31)が自ら行った検証実験でもSTAP細胞は再現できず、その存在についての議論は事実上決着した。しかし、実験に関わった最前線の研究者たちは厳しい批判にさらされ、小保方氏の上司で、将来のノーベル賞候補ともいわれた笹井芳樹氏は命を絶った。世界的な競争の渦中にある日本の科学界はどうやって信頼を取り戻すのか。重い課題を突きつけられている。(藤原由梨、前田武)

   ◇   ◇   

 19日に東京都内で開かれた理研の記者会見。検証実験の責任者として会見に臨んだ理研の相沢慎一特任顧問は、「これは科学のやり方ではない。今後、何かある度に科学の行為について犯罪人扱いして検証するようなことはあってはならない」と、不信を前提にした実験を自ら主導したことに忸怩(じくじ)たる思いを口にした。

 小保方氏が11月まで所属していた理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の発足から関わった相沢氏。一連の問題に「大きな責任を感じている」と苦渋の表情を浮かべた。

 論文の共著者で、検証実験の副リーダーとして小保方氏とは別に再現実験に挑んだ丹羽仁史氏は、周囲から入院を勧められるほど体調不良の中での実験参加だった。会見では今後、個人的に再現実験を続けるかという質問も投げかけられたが、「その考えはない」と即座に否定した。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング