産経WEST

京都大、駆除した外来魚で透明標本グッズを商品化 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都大、駆除した外来魚で透明標本グッズを商品化 

 京都大のチームが作製し販売する、琵琶湖で捕獲したブルーギルの透明標本

 琵琶湖で駆除されたブラックバスやブルーギルといった外来魚の筋肉などを透明にした標本を活用したグッズ販売を、京都大大学院農学研究科の豊原治彦准教授らのグループとベンチャー企業「エーアンドゼット」(京都市伏見区)が始めた。外来魚の問題に関心を持ってもらうことが狙いで、売り上げの一部は駆除に活用したいとしている。

 豊原准教授らは、特殊な薬品を使って魚類の筋肉などを透明にする一方、骨や軟骨を赤や青で染色したうえで、樹脂で固める技術を開発した。この透明標本を使い、同社が文房具やインテリアなどとして商品化。京都大時計台記念館(京都市左京区)や大阪市立自然史博物館(大阪市東住吉区)などで今秋から販売している。

 現在、琵琶湖のブラックバスやブルーギルを活用したボールペン(税別1500円)やオブジェ(税別2千円程度~数万円)を販売。今後、ネックレスといったアクセサリーも発売するという。

 豊原准教授らは「本来は捨てるはずの駆除した外来魚を有効活用できる」と話している。

「産経WEST」のランキング