産経WEST

【衆院選・維新会見詳報】(8)橋下氏「僕のどこが嫌いか朝日や毎日に聞いて」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衆院選・維新会見詳報】
(8)橋下氏「僕のどこが嫌いか朝日や毎日に聞いて」

「維新の党」の開票センターで会見する、橋下徹共同代表=14日、大阪市北区のリーガロイヤルホテル大阪(門井聡撮影)

前のニュース

 《時折、水を口にしながら橋下氏の各方面への批判は、さらに続く》

 --橋下氏が出馬を検討していたが、公明を批判したことが接戦区ではマイナスになったのでは

 橋下氏「公明はもともと票をくれていないんだから配慮はいらない。公明の票を当てにしていたら維新は成り立たない。市議会、府議会は議会だから他党の意見を尊重しながら、市政、府政進めないといけない。維新だけで進めるわけにはいかない。過半数ないから。選挙で他の政党の票をあてにしたら、政党の考え方を進められない。自民をみたらわかる。自民は今や『自民党』ではなく『自民、公明党』という新しい政党ですよ。選挙で他党の票をあてにしたら維新じゃなくなる」

 --今回の選挙結果は、橋下氏自身に対する期待が薄れたということか

 橋下氏「そうです。僕に対する信任がなかった」

 --ふわっとした民意は

 橋下氏「それでもここまで票をいただいた。常に維新というのもおかしい。北朝鮮じゃないんですから。票が動くのが健全な民主主義だと思う。2年前に維新にきた票が今回は自民に移った。安倍政権を高評価した、それが民主主義ですよ。維新の党っていつも切磋琢磨(せっさたくま)と言いながら党内で一番切磋琢磨してないのが維新ですよ。維新が競争なくて振る舞いの党になっていたら、国民は見透かしますよ」

 --切磋琢磨といいながら、小沢鋭仁氏を近畿比例1位にするのは矛盾しているのではないか

 橋下氏「党内からも意見は出た。最後には僕の責任でこのような処遇にしました。松井幹事長が言ったとおり、必要な人材ということ。これからは切磋琢磨していくべきですよ」

「読売も僕のこと嫌いでしょ?」「違いは戦争経験…石原氏に敬意を表します」

衆院選・維新会見詳報のニュース

関連グループ

「産経WEST」のランキング