産経WEST

堺の造園家 パリで盆栽パフォーマンス披露へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


堺の造園家 パリで盆栽パフォーマンス披露へ

パリで盆栽のパフォーマンスを披露する吉川雅千さん=堺市北区

 今や「BONSAI」の名で海外でも注目される盆栽。その技術を、数々の庭園を手掛ける堺市北区の庭師、吉川雅(まさ)千(かず)さん(52)が12日、フランス・パリで開かれる日仏文化交流会「日本の古典芸能を楽しむ会@パリ」で披露する。日本文化に親しみやすいように、フランス語落語や尺八演奏とあわせて紹介する予定で、「パリの皆さんに『盆栽という狭い空間でも遊べますよ』というパフォーマンスをお見せしたい」と意気込んでいる。

      (上岡由美)

 盆栽といえば、国内では高齢者の趣味というイメージが強いが、海外では1990年代に盆栽ブームが起こり、以来、身近なインテリアとしても幅広い人気を集めている。

 吉川さんは2年間のサラリーマン生活の後、5代続く造園会社の親方のもとで修業。平成元年に独立し、個人住宅や店舗の庭をはじめ、神社仏閣の庭園なども手掛けている。

 19年には、大阪市内で「吉川雅千の世界」と題した個展を開催。テレビの園芸番組の講師も約7年務めた。

「産経WEST」のランキング