産経WEST

【経済裏読み】黒田バズーカに続く中国「利下げサプライズ」…韓国、アジア通貨戦争におびえる!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
黒田バズーカに続く中国「利下げサプライズ」…韓国、アジア通貨戦争におびえる!?

 中国人民銀行が11月に行った基準金利の引き下げ。2年4カ月ぶりの突然の利下げに世界が驚き、市場はどよめいた。中国が国内景気のてこ入れに動いたことを好感する見方は多いが、景気刺激の効果は長続きせず、むしろ、副作用を懸念する声が出始めている。利下げによる人民元の下落が、再び安価な中国製品を世界に広める引き金になりかねないためだ。中国発の“デフレ感染”への警戒感は強い。

利下げは“止血”か

 中国人民銀行の11月21日の利下げ発表にすぐに市場は反応。21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は終値は2日連続で史上最高値を更新し、世界経済に対する先行きへの安堵感を印象付けた。

 しかし、今回の利下げが、本格的な中国の景気浮揚の切り札になったと思っているエコノミストはまずいない。中国の経済状況を示す統計は軒並み悪化し、減速感が鮮明になっているからだ。

 2014年7~9月期の国内総生産(GDP)は前年同期比7・3%増と、リーマン・ショックの影響で成長が落ち込んだ09年1~3月期以来、5年半ぶりの低水準。なにより、中国の景況感を示す指標として信頼性が高いとされる英金融大手HSBCが20日発表した製造業購買担当者指数は50・0と、半年ぶりの低水準となっていた。

 利下げはあくまでも、不動産価格の暴落と、需要不足による中国内の深刻なデフレ化を食い止めるための止血に過ぎない。

「産経WEST」のランキング