産経WEST

【世界を読む】世界で一番不幸な韓国の子供たち…「最大要因は受験ストレス」 メディアは英紙の記事借り“自虐”報道

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
世界で一番不幸な韓国の子供たち…「最大要因は受験ストレス」 メディアは英紙の記事借り“自虐”報道

 世界30カ国で実施した最新の「子供の幸福度調査」で、韓国が最下位となったことが分かった。受験などのストレスが原因と指摘されるなか、今年度の大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)が11月、全国1216の会場で一斉に行われた。受験生をスムーズに会場に移動させるため官公庁や企業は出勤時間を1時間遅らせ、英語の聞き取り試験の時間帯には航空機の離着陸が禁止されるなど、恒例の光景が今年も見られた。だが、こうした国民挙げての“応援”が逆に子供たちを精神的に追い詰めているのではないか。韓国メディアも英紙の記事を紹介しながら“自虐的”報道を始めた。(篠田丈晴)

子供が“不幸”なのは政府も承知のうえ

 今回の子供の幸福度調査は、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち27カ国と、ルーマニア、ラトビア、リトアニアの3カ国で実施された。韓国では18歳以下の子供のいる4000世帯以上が対象となった。

 ロイター通信によると、調査で韓国の子供が“最も不幸”になったことについて同国保健福祉省は「子供らの生活満足度を阻害している最大の要因は学業によるストレスだ。次いで校内暴力、ネット依存、サイバー暴力などが挙げられる」と述べた。

 さらに同国統計局によると、自殺傾向のある15~19歳の子供の半数以上が原因に「学業成績と大学受験」を挙げていたという。つまり韓国政府は、自国の子供たちが置かれた状況をすべて把握しているのである。

異様な韓国…入試の英語リスニング中「航空機は離着陸を禁止」「戦闘機も規制」

「産経WEST」のランキング