産経WEST

今度は「ふりかけ」で議論 橋下市長、不評の中学校給食の実情に驚く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


今度は「ふりかけ」で議論 橋下市長、不評の中学校給食の実情に驚く

橋下徹大阪市長

 「冷たくておいしくない」と不評で食べ残しが問題になっている大阪市立中学校の給食について、橋下徹市長と市教育委員らが25日、生徒が「ふりかけ」を使うことを認めるかどうかをめぐり、熱い議論を交わした。塩分量など栄養バランスを重視して認めないか、ご飯を食べさせる切り札にするか。橋下市長は「校長の裁量に委ねるべきだ」としたが、約10分の議論でも結論は出なかった。

■「ふりかけダメ?」、市教委「塩分が多すぎ…」

 「ご飯を残す子が多くて…。ふりかけがあれば食べるかもしれない」。教育課題について話し合う会合で中学校教諭がこう発言すると、橋下市長は驚いた様子で反応した。

 「ふりかけはダメなんですか」

 同市の中学校給食は弁当を配達するデリバリー方式を採用しているが、特におかずが「冷たい」「おいしくない」と不評で、食べ残す生徒が約7割に上る。そこで切り札として浮上してきたのが、ふりかけだ。

 ただ給食は国の栄養摂取基準に従って作られており、塩分は1食あたり3グラム前後。ふりかけをつけると塩分過多になるため、市教委の事務方は「すすめられない」と意見を述べた。

 教諭や教育委員からは「ふりかけを前提にメニューを考えては」「塩分の低いふりかけを開発するのはどうか」などと前向きな意見も出た。

「ふりかけ」から日本国を斬った橋下節「中央集権そのものだ!」

関連ニュース

橋下市長と中学生、給食の好みに世代間格差!? 記者も食べてみた「冷たい」大阪市給食

「産経WEST」のランキング