産経WEST

【駅グルメ探検隊】阪堺線・住吉停留所 やろく

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【駅グルメ探検隊】
阪堺線・住吉停留所 やろく

 1個230グラムほどの巨大なコロッケ(単品756円)をふたつに割ると、卵の黄色を帯びたタネが、トロ~リというよりはフワ~という感じで現れる。カリッとした衣とフワフワ、濃厚なタネの食感の対比が楽しい。その味は懐かしくもあり、新鮮でもある。

 この「玉子コロッケ」は多田さんの祖父で初代の善(ぜん)松(まつ)さんが、でっち奉公先の洋食店のメニューにコロッケがなかったことから、「自分の店ではぜひコロッケを」と取り入れた。当時、鶏卵は貴重品だったが、「海軍で料理長もした経験から特別な仕入れルートがあり、栄養価を高めるのと高級感も出そうと具に加えたのだそうです」と多田さん。

 多田さんは月2回、住吉大社の社務所に玉子コロッケを20個ずつ差し入れしている。「これまで商売ができてきたのは住吉さんのおかげですからね。もちろん地元の皆さんにも感謝しています」

 こうした謙虚さも、長年にわたって地元で愛され続けてきた理由のひとつだろう。

文・古野英明

イラスト・清水浩二

 大阪市住吉区東粉浜3の30の16。(電)06・6671・5080。ほかにハンバーグ(単品1188円)、ビーフカレー(864円)など多数。午前11時半~午後1時半、午後4時半~8時半。水曜定休。近くに持ち帰り専門店も。持ち帰りの玉子コロッケは1個220円(150グラム)。

関連ニュース

【駅グルメ探検隊】京阪・滝井駅  踊るうどん

「産経WEST」のランキング