産経WEST

【駅グルメ探検隊】大阪市営地下鉄・大国町駅 大阪木津卸売市場

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【駅グルメ探検隊】
大阪市営地下鉄・大国町駅 大阪木津卸売市場

外国人にも人気 “探検”のしがいがある穴場

 大阪市営地下鉄・大国町駅は、御堂筋線と四つ橋線が平行し、同じホームで乗り換え可能という交通の要所。乗り換えでは何回も利用してきたが、駅周辺をゆっくりと歩いてみたことはなかった。

 不明を恥じた。界隈(かいわい)にはオヤジが喜びそうなB級グルメや面白い店がたくさんあるのだ。中でも、大阪木津卸売市場は外国人観光客にも人気のスポットだ。

 同市場は300年以上の歴史を誇り、全国の新鮮で良質な食材をそろえる。大阪・ミナミの繁華街に近いこともあって、深夜から早朝にかけては飲食店や小売店などのプロでにぎわい、それ以降は一般の客も気軽に買い物に訪れる。

 「昔は小売りはお断りしていたんですが、7年前、リニューアルに着手したのを機に、“一般のお客さんもウエルカム”の方針でやってきました」と市場協会専務理事の野(の)誠二さん(67)。

 月2回、土曜日の午前中に開く「木津の朝市」はその一環で、一般向けに旬の食材を安く提供するほか、ビニールプールを使った「魚のつかみどり大会」といったイベントを実施。毎回2、3千人の客でにぎわうという。

 広報担当の小林宏行さん(61)の案内で場内を回る。海産物を扱う店が並ぶ一角。試食のマグロの切り身に客が群がっている。「塩糀漬け、たたき、内臓の鉄板焼き、握りずしなどの試食品を出す店もあります。これだけでも、おなかいっぱいになりますよ」

続きを読む

関連ニュース

【駅グルメ探検隊】京阪・滝井駅  踊るうどん

「産経WEST」のランキング