産経WEST

青酸カリで夫を殺害? 殺人容疑で67歳妻を逮捕 結婚と死別4回

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


青酸カリで夫を殺害? 殺人容疑で67歳妻を逮捕 結婚と死別4回

報道陣の取材に応じる筧千佐子容疑者=堺市堺区

 昨年12月、京都府向日市の民家で、住民の無職、筧勇夫さん=当時(75)=が死亡しているのが見つかり、遺体から青酸カリとみられる毒物が検出されたとして、京都府警は19日朝、殺人の疑いで、同居の妻で無職、千佐子容疑者(67)を逮捕した。捜査関係者によると、「逮捕された理由はよく分かりましたが、私は絶対に殺していません」と容疑を否認している。千佐子容疑者はこれまでに4回にわたり結婚と死別を繰り返していた。府警は向日町署に捜査本部を設置し、殺害の詳しい経緯や薬物の入手ルートなどを調べる。

 逮捕容疑は昨年12月28日夜、同市鶏冠井町(かいでちょう)大極殿の自宅で、シアン化合物を摂取させ、筧さんを青酸中毒で死亡させたとしている。

 千佐子容疑者は同日午後9時50分ごろ、「夫が倒れ意識がなく、冷たくなっています」と自ら119番した。救急隊員が駆けつけたところ、筧さんは自宅の2階居間であおむけになって倒れており、京都市内の病院に搬送したが、死亡が確認されたという。

近隣に「結婚直後、旦那が死んだ。疑われ困っている…」  検視の結果、血液からシアン化物イオンが検出され、府警は司法解剖するなどして詳しく捜査。府警は筧さんが殺害されたとみて調べていた。2人は、結婚相談所を通じて知り合い、昨年11月ごろから一緒に暮らし始めたとみられる。

 また、千佐子容疑者と内縁関係にあり、平成24年3月に大阪府泉佐野市でバイク事故で転倒、その後死亡した同府貝塚市の男性=当時(71)=の血液からも、青酸化合物が検出されていたことが判明、大阪府警が慎重に経緯を調べている。

「産経WEST」のランキング