産経WEST

スクエニ社員と漫画作者ら16人書類送検 他社のゲームキャラ無断使用で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


スクエニ社員と漫画作者ら16人書類送検 他社のゲームキャラ無断使用で

約20社のうち、許諾済みは3社のみ

 他社のゲームキャラクターを漫画作品の中で無断で使ったとして、大阪府警は17日、著作権法違反容疑で、ゲームソフト「ドラゴンクエスト」などの製作で知られる漫画作品の発行元「スクウェア・エニックス」(東京都新宿区)と、同社の編集・出版部門の役員や担当者15人、漫画の作者の押切蓮介氏(35)の計16人を書類送検した。いずれも容疑を否認しているという。

 書類送検容疑は、平成24年2月~25年12月、発行する漫画誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の「ハイスコアガール」の作品中、ゲームソフト販売・開発会社「SNKプレイモア」(大阪府吹田市)が著作権を持つ対戦型格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」などのキャラクターを計166カ所で、許諾を得ないまま勝手に使用したとしている。

 府警生活経済課によると、作品中、SNK社を含めて許諾が必要なゲーム会社は約20社あったが、許諾を得ていたのはわずか3社だった。スクエニ社員らは府警の任意聴取に「著作権の侵害に当たるかどうか分からない」と説明。押切氏は「スクエニ社が許諾を取ってくれていると思った」と話したという。

押切氏ら否認…ただ連載を休止し単行本も回収

関連ニュース

【著作権法違反事件】スクエニ社の交渉態度が悪質? 大阪府警は「無断使用」と判断 

「産経WEST」のランキング