産経WEST

【関西の議論】手塚治虫を知らない若者たち…「エヴァンゲリオン」は“崖っぷち”の記念館を救えるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
手塚治虫を知らない若者たち…「エヴァンゲリオン」は“崖っぷち”の記念館を救えるか

 “漫画の神様”の功績をたたえる宝塚市立手塚治虫記念館の来館者が年々減少している。没後20年以上たち、手塚作品を知らない若者が増えたことが一因とみられる。そこで同館は「エヴァンゲリオン」など現代の人気アニメとのコラボを企画したり、手塚アニメが放映されている海外からのツアー客に施設をPRしたりと集客作戦を展開している。(竹内一紘)

手塚作品は宝塚ではぐくまれた

 手塚氏は大阪府豊中町(現豊中市)で生まれ、昭和8年、兵庫県小浜村(現宝塚市)に移り住んだ。

 少年時代は、ペンネームの「治虫」の由来となる昆虫採集に明け暮れた。記念館には手塚氏が中学のころに描いた昆虫の絵が残っている。また、小学生のころからたびたび鑑賞した宝塚歌劇が「リボンの騎士」などの作品に大きな影響を与えたという。

 17歳で漫画家デビューすると、宝塚歌劇の専門誌「寶塚グラフ」に漫画を掲載。東京で漫画家としての活動を本格化させるため、27年に宝塚を離れたが、34年10月に悦子夫人との結婚式を市内の宝塚ホテルで挙げている。また晩年の作品「アドルフに告ぐ」で、物語の導入となる殺人事件の現場を「小浜村」とするなど、宝塚への思いの深さがうかがえる。

来館者は減少

 平成元年に手塚氏が亡くなると、宝塚市は手塚氏を顕彰する施設の建設を計画。手塚プロダクションのバックアップも受け、記念館の設立が決まった。建物のプロデュースを長男の眞さんが手がけ、悦子夫人が名誉館長に就任し、6年4月25日にオープンした。

「産経WEST」のランキング