産経WEST

「日本酒の店」40年…「次の世代にも飲み継いでほしい」 大阪・難波「酒楽座 山三」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「日本酒の店」40年…「次の世代にも飲み継いでほしい」 大阪・難波「酒楽座 山三」

 古くから各地の地酒をそろえていることで人気の居酒屋「酒楽座山三」(大阪市中央区難波)が今月20日、開店40年を迎える。「きき酒師」の資格を持つ店主の山瀬真樹さん(63)が、まだ地酒を扱う飲食店が珍しかったころから日本酒のうまさを広く知ってもらおうと努力を重ねた店で、山瀬さんは「日本酒は幅広い料理に合い、コメの文化である日本の食生活に一番相性がいい。その良さを知ってもらい、次の世代にも飲み継いでほしい」と話している。     (山田淳史)

 山瀬さんは高校卒業後、昭和49年に開店。当初日本酒は大手メーカーの1種類のみだった。

 しかし、5年ほどして「天野酒」(河内長野市)の大吟醸酒に出会った。当時の日本酒は特級、一級、二級といった等級制で、大吟醸はマイナーな存在。しかし「香りやコクがあり余韻もよくて衝撃を受け、お客さんにも広めたいとの思いが強くなっていった」と振り返る。

 各地の蔵を見学し、蔵元関係者から酒の本質を学んだ。現在全国で約2万8千人が認定を受けている「きき酒師」の資格も、まだ認定者の少なかった平成5年に取得。7年には、きき酒選手権の全国大会に府代表として出場して準優勝を果たすなど、日本酒のエキスパートとしての力を付けていった。

続きを読む

関連ニュース

【駅グルメ探検隊】阪堺線・御陵前停留所 鉄板居酒屋「高見」

「産経WEST」のランキング