産経WEST

また論文不正か?…今度はみんなの党衆院議員に「改竄の疑い」 岡山大が内部告発で調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


また論文不正か?…今度はみんなの党衆院議員に「改竄の疑い」 岡山大が内部告発で調査

岡山大で法廷闘争を伴う“泥沼”の内紛が続いている

 元岡山大医学部特任准教授で、みんなの党所属の男性衆院議員(45)が筆頭著者として平成20年に発表した医学論文をめぐり、昨年12月に「改竄(かいざん)の疑いがある」との内部告発があり、岡山大が本格調査していることが5日、分かった。産経新聞の依頼で論文を鑑定した民間調査機関は「複数の画像が切り張りされた可能性がある」と指摘。議員は取材に「不正は断じてない」と否定した。

 告発したのは、岡山大薬学部長と副学部長だった男性教授2人。議員の論文を含め、20~24年に発表された11本の論文について、画像データの捏造(ねつぞう)や改竄、流用を告発した。

 同大はこのうち議員の論文など5本について今年6月、外部の有識者を含む本調査の実施を決定。一方、両教授に対して同9月、アカデミックハラスメントなどで停職9カ月の懲戒処分とした。

 調査対象となった議員の論文は、岡山大が発見したがん抑制遺伝子「REIC」が、がんを攻撃する働きに関する研究。REICの有無による変化を比較した画像データについて、告発書は「目の粗い色を塗り込み、不都合なバンド(帯)を消しているようにみえる」などと改竄の疑いを指摘している。

 

このニュースの写真

  • また論文不正か?…今度はみんなの党衆院議員に「改竄の疑い」 岡山大が内部告発で調査

「産経WEST」のランキング