産経WEST

“日本一の斬られ役”福本さんへ祝福一色 出身の兵庫・香住町で凱旋上映会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“日本一の斬られ役”福本さんへ祝福一色 出身の兵庫・香住町で凱旋上映会

サイン会でファンの祝福に笑顔で応える福本清三さん=兵庫県香美町

 “日本一の斬られ役”と呼ばれる兵庫県香美町香住区出身の俳優、福本清三さん(71)が初主演した映画「太秦ライムライト」の凱旋上映会が、香住区の中央公民館で開かれ、地元の同級生や大勢のファンらが福本さんの初主演映画を祝福した。

 初主演作品は6月14日から京阪神で先行上映、7月12日からは全国公開され、現在も上映が続くロングランヒットとなった。12月5日からはアメリカでも公開される。また、同作品は「第18回ファンタジア国際映画祭」の最優秀作品賞に選ばれ、福本さんは最優秀主演男優賞を受賞した。

 上映会は「地元で福本さんの初主演と受賞をお祝いしよう」と、福本さんの同級生らでつくる実行委員会(会長、藤原進之助・香住観光協会長)が企画した。

 上映は今月3日で、昼と夜の2回上映され、いずれも満員の盛況。昼の部の上映後、舞台で福本さんを浜上勇人町長が香美町の観光大使に任命した。舞台あいさつで福本さんは「胸がいっぱいで言葉になりません」と万感の思いで感謝の言葉を述べた。

 熱烈なファンという岡山市の会社員、河口泰子さん(27)は上映会に駆けつけ、「寡黙で真面目。存在感のある福本さんは大好き」といい、福本さんとの記念撮影に大喜びだった。

 会場では福本さんのサイン会もあり、時代劇ではこわもての福本さんは終始笑顔で、地元やファンの大きな祝福に感激していた。

このニュースの写真

  • “日本一の斬られ役”福本さんへ祝福一色 出身の兵庫・香住町で凱旋上映会

「産経WEST」のランキング