産経WEST

【虚偽表示1年】(中)「大阪名物」は石川県産…「製造所記号」巡り攻防激化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虚偽表示1年】
(中)「大阪名物」は石川県産…「製造所記号」巡り攻防激化

製造所固有記号の記載を示す表示の例。ペットボトルなどにも表示されている。

 たとえば、手元にあるペットボトルを見てほしい。

 製造所固有記号は賞味期限の後に記載-。こんな表示がないだろうか。

 飲料水だけでなく、加工食品には必ず、製造者名を書かなければならない。ただ、あらかじめ消費者庁に届け出た記号があれば、名称やその所在地の記入を省略できる。

 平仮名、カタカナ、アラビア数字、ローマ字から何を使ってもいい。1文字でも、組み合わせてもいい。それが製造所固有記号だ。

 今、この記号をめぐる議論が騒がしい。

◆ ◆ ◆

 きっかけは年末年始に世間を騒がせた「アクリフーズ」(現マルハニチロ)群馬工場の冷凍食品農薬混入事件だった。

 回収対象となった49品目のうち、プライベートブランド(PB)商品の10品目には「アクリフーズ群馬工場」の記載がなく、一見して分からない固有記号しかなかった。このため「気づかずに食べてしまう」と批判が相次いだ。

 事件を受け、消費者庁は製造者情報を「原則表示」とする見直し案を、内閣府消費者委員会の専門部会に提示した。

 だが、この案に多数の事業者がかみついた。パブリックコメントでは賛成30件に対し、反対が800件に上った。

 「土産物の業界で、中小零細事業者が廃業に追い込まれる」

 見直し反対の意見の一つだ。どういうことか。

「京」漬物は滋賀、「神戸」菓子は九州産…レトルトカレー、半数「答えられぬ」

「産経WEST」のランキング