産経WEST

松井知事「自分も『ええ加減にせえ、ボケ』と言う」と橋下市長を援護 在特会との面談

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


松井知事「自分も『ええ加減にせえ、ボケ』と言う」と橋下市長を援護 在特会との面談

 大阪府の松井一郎知事は21日、デモで民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、大阪市の橋下徹市長が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長と面談したことに関して、「1発かまそうとしたんだろう。腹が立ってしようがなかったのでは」と述べ、橋下市長が激しい言葉で応酬したことに理解を示した。府庁で記者団の質問に答えた。

 松井知事は「在特会のあれを見れば、『こいつらほんまいい加減にせえよ』と思う気持ちがふつふつとわいてくる」と発言。「一市民としてああいう現場に出くわしたら『ええ加減にせえ、ボケ』と言う」と述べ、橋下市長に同調した。

 ただ、「面談によって彼らがやめるとは思わない」とも指摘し、橋下市長が桜井会長に在日韓国・朝鮮人を攻撃しないよう求めたことについて、「全く効果はなかった」と断じた。

このニュースの写真

  • 松井知事「自分も『ええ加減にせえ、ボケ』と言う」と橋下市長を援護 在特会との面談

「産経WEST」のランキング