産経WEST

「今後は僕を攻撃すればいい」と橋下市長 ヘイトスピーチ問題で面談の在特会に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「今後は僕を攻撃すればいい」と橋下市長 ヘイトスピーチ問題で面談の在特会に

 デモで民族差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題で、維新の党共同代表の橋下徹大阪市長は21日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の桜井誠会長との面談を振り返り、「(在特会側は)国政政党の代表に直接申し入れをし、僕が引き受けたことが重要。今後は僕の政治活動を攻撃すればいい」と強調した。

特別永住者制度…橋下氏も「問題ある」

 在特会側は在日韓国・朝鮮人らを対象にした特別永住者制度を問題視。橋下氏はこの日、「特別扱いすることはかえって差別を生む」と制度には問題があるとの認識を示し、ほかの外国人と同様に制度を一本化していく必要があるとの考えを明らかにした。

 橋下氏と桜井氏は20日、市役所内で面談。当初は30分間を予定していたが、双方が相手を罵倒し、10分弱で打ち切られた。

このニュースの写真

  • 「今後は僕を攻撃すればいい」と橋下市長 ヘイトスピーチ問題で面談の在特会に

「産経WEST」のランキング