産経WEST

「パチンコどうする」橋下市長、カジノ批判の兵庫・井戸知事に反撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「パチンコどうする」橋下市長、カジノ批判の兵庫・井戸知事に反撃

 ギャンブル依存症の懸念などから兵庫県の井戸敏三知事がカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の整備推進の動きを批判したことについて、大阪市内への誘致を目指す橋下徹市長(大阪維新の会代表)は15日、「カジノだけを排除したって、兵庫県のパチンコはどうするのかという話になってくる」と反論し、「大阪はしっかりと(誘致を)進める」と強調した。市役所で記者団の質問に答えた。

大阪はパチンコ依存症? 「兵庫こそ…都市経営にカジノ必須」

 橋下市長はIRについて「少子高齢化時代にきちっとお金を稼げる大都市にするために必要」と改めて主張。関西広域連合で誘致を進める考えについて問われると「それは無理だ」としたうえで、「IRのお客さんを京都や奈良、和歌山に送り込むのは可能。大阪周辺の賛成派の首長とはそういうところでタッグを組みたい」と述べた。

 井戸知事は14日の定例会見で、超党派議員が今国会でIR整備推進法の成立を目指していることに対し「地域振興に手段を選ばない姿勢そのものが間違っている。人が集まって金さえ使えばいいのか」と批判。大阪のIR誘致に一定の経済効果を認めつつも「依存症が兵庫県内にも出てくる」などと懸念を示した。

関連ニュース

【USJ+ハリポタ(中】テーマパーク激戦区「アジア」勝ち抜くためUSJ大阪が見据える“ハリポタの次”は「カジノ・リゾート」

「産経WEST」のランキング