産経WEST

日本企業寄贈「KOBAN」にハングルの大看板 米領グアム、在留邦人の抗議で撤去

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本企業寄贈「KOBAN」にハングルの大看板 米領グアム、在留邦人の抗議で撤去

「POLICE」と同じ大きさで「トゥモン警察署」と書かれたハングルの看板=今年3月、米領グアム(読者提供)

 日本企業の支援によって米領グアム島に建設された交番にハングルの看板が掲げられ、在留邦人の抗議で取り外されていたことが分かった。JTBなどの日本企業が1991年、「日本には交番という優れた制度がある」(JTB)として、防犯と地域交流を目的にグアム中心部3カ所に寄贈した交番だった。

 関係者によると、ハングルの看板が設置されたのは、日本人観光客ら3人が死亡した昨年2月の無差別連続殺傷事件の現場に近いグアム中心部・タモン地区にあるタモン交番。地元でも「KOBAN」と呼ばれて親しまれ、地図や案内にも「KOBAN」と表記されている。

 3月初旬に「トゥモン(タモン)警察」とハングルで書かれた看板が設置された。地元でレンタカー店を営む韓国人オーナーが費用を捻出したという。

 在留邦人らがレイ・テノリオ副知事に撤去を求めると、韓国系米国人の秘書から「日本企業が寄付すればもっと大きな文字を表示できる。韓国の観光客が増えているから設置したのでは」との回答があった。「交番3カ所と数台のパトカーは日本企業が寄贈したものだ」と訴え、撤去されることになった。

 看板設置に抗議した在留邦人は産経新聞の取材に、「日本人は資金を出してもあえて公表しないのを美徳としているが、ハングルの看板はあまりに公平さに欠けていた」と話した。

このニュースの写真

  • 日本企業寄贈「KOBAN」にハングルの大看板 米領グアム、在留邦人の抗議で撤去

関連ニュース

【本紙前ソウル支局長起訴】「韓国は民主主義の国とは思えない」橋下氏が痛烈に批判

「産経WEST」のランキング