産経WEST

【メガプレミアム】韓国最新鋭「救助艦」は40年前のソナーを搭載、しかも原価の20倍4億円で購入とは…発覚した仰天「納品不正」の闇

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
韓国最新鋭「救助艦」は40年前のソナーを搭載、しかも原価の20倍4億円で購入とは…発覚した仰天「納品不正」の闇

 韓国で160億円をかけた最新鋭軍艦「統営(トンヨン)艦」の開発・納入を巡る一大不正疑惑が浮上し、大騒ぎになっている。装備品の「ソナー」が40年前の旧式で、しかも防衛事業庁が原価の20倍の4億円で業者から購入、うち3億9000万円が行方不明になっていることが分かったのだ。同艦はいまだ実戦配備もままならず、救助艦なのに4月のセウォル号沈没事故で姿を見せなかったことから批判を浴び、不正発覚にもつながった。韓国では軍用品を巡る不正が多発しており、背景には軍や国とも結びつきが強い「軍マフィア」と呼ばれる不良業者の存在があるとされる。

最新鋭艦として進水したが…

 統営艦(3500トン級)は、2010年3月に軍艦の天安(チョンアン)艦が謎の沈没事故(韓国では北朝鮮の潜水艦の攻撃だとしている)を起こした際、韓国に救助作業を行える艦がなかったことなどから建造を計画。「初めてわが国の技術で建造される水上救助艦」(韓国国防部など)として、韓国が威信をかけたプロジェクトだった。

 計画では、側方斜め下を探査できる最新のサイドスキャンソナーをはじめ、事故を起こした潜水艦を水深90メートルまでなら救助できる装備や無人探査機などを備え、12年9月に進水した。

セウォル号沈没事故に姿見せず

 その後も、主要装備の搭載が順調に進んだと思われていた。ところが、今年4月のセウォル号沈没事故で現場海域にその姿はなかった。

 「われわれの救助艦はどこにいる?」「肝心のときに何をやっている」。韓国のマスコミからは猛烈な批判が始まり、「1600億ウォン(160億円)つぎ込んだ統営艦、19カ月間『無用の長物』」(東亜日報電子版)などと厳しく指弾された。

 統営艦は本来なら昨年9月には海軍に引き渡され、実戦配備される計画だったが、実際は実戦配備が3度も延期されていた。いったい何があったのか。国民が注視するなか、韓国監査院は今年9月、仰天の調査報告を公表した。

差額どこへ消えた…「自主開発は難航しがち」言い訳する“軍マフィア”たち

関連トピックス

「産経WEST」のランキング