産経WEST

【舞台の遺伝子】「忠信」か「悪党」か、新たな魅力 楠木正成

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【舞台の遺伝子】
「忠信」か「悪党」か、新たな魅力 楠木正成

 忠臣、軍略の天才、はたまた悪党か-。

 南北朝時代に活躍した武将、楠木正成ほど、日本史上、浮き沈みの激しい人物は珍しい。その評は、まるで歴史のジェットコースターに乗っているかのようだ。ちょっと気の毒な気さえする。

 多くの戦後生まれ世代には、教科書に数行だけ登場する歴史上の人物だろう。大阪・河内の武将で後醍醐天皇の呼びかけに応じて兵を挙げ、建武の新政に貢献したが後に室町幕府を開いた足利尊氏と戦い敗死した。実直な武人といった印象である。

 一方で正成は日本史上最大の忠臣、ヒーローだった時代がある。「太平記」にみる登場、退場の鮮やかさ、最後まで天皇に従ったある種の愚直さは「忠臣の鑑(かがみ)」として皇国史観の下、伝説となった。「●(=歌記号)青葉茂れる桜井の…」で知られる息子・正(まさ)行(つら)との別れの名場面は、唱歌となり広く人口に膾(かい)炙(しゃ)する。

 戦後に進んだ研究から登場した新たな正成像も魅力的だ。「悪党正成」。悪党とは、当時荘園を荒らした反体制の武装集団で、その棟(とう)梁(りょう)だったという説である。はてさて、楠木正成という人はいったい何者だったのか。

「産経WEST」のランキング