産経WEST

【駅グルメ探検隊】京阪・滝井駅  踊るうどん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【駅グルメ探検隊】
京阪・滝井駅  踊るうどん

 それにしても、なぜエビやちくわではなく、まいたけの天ぷらなのか?

 「僕が『おいしい』と思ったからです」と実にシンプルな理由だった。「エビは調理に時間がかかるし、ものによって味も変わります。ちく天は、単に僕が嫌いだから。となると、自分が納得できるものを常に出すことはできなくなるでしょ? ならば出さない方がましだと思ったんです」

 そういえば、きつねうどんやカレーうどんといった定番メニューもない。実は、以前はきつねも出していたが、あえてメニューから外したのだという。

 「自信を持てるものに全力を注ぎたい。それには少数精鋭主義で勝負するしかありません」

 新メニューは考えず、「客に飽きられるかも」という重圧と戦いながら、今あるメニューのクオリティーを上げていく-。そんな潔さ、心意気が、うどんの「躍動感」を一層高めているのだ。

 文・古野英明

 イラスト・清水浩二

 踊るうどん 大阪府守口市紅屋町6の7。(電)06・6996・3007。まいたけ天生じょうゆ(670円)、まいたけ天かまたま(720円)など。営業時間は午前11時~午後3時半、午後5時半~10時。日曜・祝日は昼間のみ。定休は第2、4、5日曜。大阪駅前第3ビル地下2階に支店。

「産経WEST」のランキング