産経WEST

【若手記者が行く】「金閣」「清水」抑え外国人人気No.1「伏見稲荷」の理由は“朱と緑の魔界の神秘性”

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【若手記者が行く】
「金閣」「清水」抑え外国人人気No.1「伏見稲荷」の理由は“朱と緑の魔界の神秘性”

 世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(米国)の「外国人に人気の日本の観光スポット」部門で、京都市伏見区の伏見稲荷(いなり)大社が2014年の第1位に輝いた。約1300年の歴史を持ち、「千本鳥居」など1万基以上はあるといわれる朱の鳥居で知られる「お稲荷さん」の総本宮だ。毎年正月には西日本随一の初詣客でにぎわうが、意外なことに世界文化遺産「古都京都」を構成する17件の文化財には含まれていない。数年前から急激に増えたという外国人観光客たちは、いったい何に魅せられているのか。稲荷大神様が鎮座する稲荷山(標高233メートル)を訪ね、秘密を探った。

(京都総局、北崎諒子)

口コミで人気は世界的に拡散

 『ここは外せません。なぜならここは旅行中に見たどんなところにも似ていない、唯一無二の場所だからです』

 トリップアドバイザーのサイトをのぞくと、豪州人旅行者が伏見稲荷大社について書き込んだコメントがあった。

 トリップアドバイザーは、世界40カ国でサイトを展開している世界最大の旅行口コミサイトだ。400万件以上の宿泊施設や観光名所などが紹介され、1億5千万件以上もの口コミ情報が寄せられている。

 「外国人に人気の日本の観光スポット」は、4年前からスタートした。2014年のランキングは、昨年4月から今年4月までに投稿された外国人たちの5段階評価や投稿数などをもとに、同サイトが独自に集計した。

 伏見稲荷大社は、2011年6位、12年3位、13年2位と着実に順位を上げ、今年ついに1位を獲得した。

「産経WEST」のランキング