産経WEST

【ベテラン記者のデイリーコラム・江戸っ子記者のなにわ放浪記】あのテキサス親父と百田尚樹氏、慰安婦問題の虚妄と「朝日新聞の罪」を斬る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ベテラン記者のデイリーコラム・江戸っ子記者のなにわ放浪記】
あのテキサス親父と百田尚樹氏、慰安婦問題の虚妄と「朝日新聞の罪」を斬る

 作家の百田尚樹氏と、夕刊フジ連載「痛快!テキサス親父」が好評の来日中の米人保守論客、トニー・マラーノ氏が23日に大阪・サンケイホールブリーゼで講演会を行い、約1000人の観客から拍手喝采を浴びた。

「朝日+河野談話=既成事実」「韓国=売春の国」

 この日の百田氏はいつもにまして絶好調のトークぶり。「映画『永遠の0』の大ヒットパーティーが今夜東京であって、出たかったんですけど、こっちの方が大事ですから」といきなり一発かまし、会場は大爆笑の渦につつまれた。

 慰安婦問題について、百田氏は、「1983(昭和58)年に元軍人の吉田清治という男が『日本軍が組織的に無理矢理、婦女子を強制連行した』という全くデタラメの作り話の大ウソ本を書き、朝日新聞が91年に大きく報じ、それを河野談話がお墨付きを与えてしまって、世界で嘘が『事実』となってしまった。韓国はこの日本発の架空の問題を利用しているに過ぎない」などと強調した。

 「朝日新聞の罪は大きく、間違った事実を流し続けたのにきちんとした訂正を行っていない。河野談話も撤回しないと、これからも世界から『だって、日本政府が認めている』と言われ続ける」と舌鋒鋭く正論を展開し、会場はその度に大拍手に包まれた。

 一方、米国各地での慰安婦像建設問題に米国内で反対の声を動画サイトなどで上げ続けるマラーノ氏は百田氏のパワーに多少押され気味ながら、自身で作成した慰安婦像のミュニチュア版を持ち込み、頭に紙袋をかぶせて、「こんな問題はジョークとして嗤い飛ばしてしまおう」と呼びかけた。

 マラーノ氏は米軍が戦後に慰安婦についてビルマ(現ミャンマー)で徹底調査した記録文書を米公文書館から取り寄せて検証した結果、「いくら調べても、日本軍が強制的に韓国で女性を連行して、慰安婦にしたという事実はない。『慰安婦は高給売春婦だった』ということだけだ」と指摘。「米国では、日本のイメージは車、ハイテク、アニメなどだが、韓国と聞いて浮かぶのは売春だ。現在も渡米のビザ条件緩和で、韓国から多くの売春婦が米国に来ている」と主張した。

現地の少女像、誰も関心ないが…逆に日本への誤解を生んでいる

「産経WEST」のランキング