産経WEST

【キラリ】コーヒーの香りで故人しのぶ アイデア線香で販路切り開く 次はお酒の香り!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【キラリ】
コーヒーの香りで故人しのぶ アイデア線香で販路切り開く 次はお酒の香り!?

 コーヒーの香りに包まれて、故人をしのぶのはいかが-。線香製造卸の老舗「孔官堂(こうかんどう)」(大阪市福島区)が、コーヒーの香りがする線香「香りの記憶 珈琲」(税抜き850円)を開発。線香が持つ独特の香りを敬遠していた消費者に販路を切り開いた。   

 仏壇を置く家庭が減ってきたことで、線香の市場も縮小傾向。これに危機感を覚え、「使いやすい線香は何か」と考えた末に思いついた商品だ。約100回の試作を経て、香ばしいコーヒーの香りを再現した。煙や灰を少なくするように工夫し、マンションに多い小さな仏壇でも使いやすくした。

 個性的な商品なだけに、売り上げは予測できなかったというが、昨年2月の発売後わずか3カ月で追加生産となり、顧客からは「次はお酒の香りを」などの要望もあるという。「積極的な反応はうれしいかぎり」と同社。来年2月に第2弾を投入する予定だ。

 明治16年創業の同社は、サイズの改良など時代に合わせた商品開発で「線香の歴史を作ってきた」と自負する。

 同社の増田幹弥(もとひろ)経営企画室長は「仏壇に手を合わせるのはつい儀礼的になりがちだが、香りをゆっくりと楽しみながら、故人をしのんでいただければ」と話す。

「産経WEST」のランキング