産経WEST

【駅グルメ探検隊】阪堺線・細井川停留所 とりの

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【駅グルメ探検隊】
阪堺線・細井川停留所 とりの

ホットな接客モットーに 冷めても絶品からあげ

 これまでいろんな店を食べ歩いてきたが、「からあげ専門店」というのは初めてお目にかかった。ポピュラーな食べ物で、数あるメニューの中の一つ、というのが普通。よほど自信あり、とみた。

 「とりの」は阪堺線・細井川停留所が最寄りで、南海本線・住之江駅からも10分弱。店に入ると、「へい、らっしゃいっ!」と威勢のいい声。客席の壁には手書きの「店員心得三箇条」が張り出されている。「大きな声で返事・あいさつ」「接客は笑顔で愛想よく」「てきぱき動く」-。

 店長の辻恵太さん(21)は「店員に、そして自分自身にもプレッシャーを与えるため、あえて目立つところに張りました」。おかげで、客からよく「この通りにやってないやん」とからかわれるが、「コミュニケーションのいいきっかけになっています」。

 さて、からあげである。オーナーの南川貴之さん(40)のこだわりで、「おやつ」ではなく、「おかず」になるからあげだ。

 「子供のころから好きだったんですが、どこで食べても、何かが足りなかった。それなら自分で作ろうと」と南川さん。宮崎の地鶏を使い、しょうゆ、しょうが、にんにく、かたくり粉、卵など材料・調味料の配合を何度も試し、「理想の味を追求した」という。

 あげたてのアツアツをいただく。なるほど、味は少し濃いめで外側はパリパリ、中身はしっかり鶏肉の味がする。いくら食べてももたれない。南川さんおすすめの福岡・八女産ゆずこしょうを使ったからあげも絶品。

続きを読む

「産経WEST」のランキング