産経WEST

小保方さんに続け…立命大が理系女子マガジン「Rikejo+R」発刊

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


小保方さんに続け…立命大が理系女子マガジン「Rikejo+R」発刊

 立命館大の理系学部出身で、研究機関や企業などの第一線で活躍する女性を紹介した無料マガジン「Rikejo+R」が、発刊された。理化学研究所の小保方晴子さんが脚光を浴びた機会を捉え、同大学は今月から発刊をホームページでPR。学内や高校の「リケジョ」たちに知ってもらい、就職や進学の参考になればと期待している。

 Rikejo+Rは、講談社が会員向けに無料で発行している理系女子専門マガジン「Rikejo」の別冊として、同社と立命館大が共同で制作し、昨年11月に発刊。人工衛星の研究開発に携わったり、新薬の開発に取り組んだりしている同大学理系学部出身の女性12人を取り上げ、学生時代の研究ぶりや内容、現在の業務内容などを紹介している。

 また、理系学部に在学中の学生や教員らも合わせると総勢22人の「リケジョ」が登場。同大学の理系学部・研究科は、滋賀県草津市の「びわこ・くさつキャンパス」に集積している。

 発刊後、万能細胞「STAP細胞」の開発に成功した小保方さんが一躍「時の人」となり、「リケジョ」がクローズアップされていることから、同大学が今月に入り、このマガジンの積極的なPRに乗り出した。

 「理系学部を卒業した女性たちにさまざまな活躍の場面があることを知ってほしい」と同大学広報課。同大学では今年度、理系学部の女子学生を対象にした就職セミナーを初めて開催したり、理系を目指す女子中高生を対象にしたシンポジウムを開くなど、「リケジョ」のサポートに力を入れている。

 同大学情報理工学部の西浦尊信准教授は「男性と違う視点を持つ女性が理系の研究現場に増えるのは、アイデアの多様化につながる」と話している。

「産経WEST」のランキング