産経WEST

公募採用組の不祥事とまらず 今度は府部長がセクハラで処分、退職 大阪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


公募採用組の不祥事とまらず 今度は府部長がセクハラで処分、退職 大阪

 大阪府商工労働部の笠原哲(さとし)部長(64)=写真=が部下にセクハラ行為を行ったとして、減給6カ月(10分の1)の懲戒処分を受けていたことが4日、関係者への取材で分かった。処分は3日付で、同日、依願退職したという。

橋下維新流「民間感覚の導入」

 笠原氏は元中学校長で、平成24年4月に公募で採用された。

 関係者によると、笠原氏は部下の女性職員に対しセクハラ行為を繰り返したという。

 府によると、笠原氏は昭和49年に野村証券に入社。退職後の平成16年に神奈川県庁に入庁。その後、三重県内の公立中の校長や独立行政法人雇用・能力開発機構常勤理事を務めた。

 松井一郎大阪府知事や橋下徹大阪市長は「民間感覚の導入」を掲げ、府や市で校長や区長などを公募してきたが、今年4月に着任した大阪市の公募校長11人のうち1人が懲戒処分され、民間出身の区長も3人がトラブルを起こすなど、公募人材による不祥事が相次いでいる。

 9月には大阪市立小の民間人校長が複数の保護者らにセクハラ行為をしたとして減給10分の1(6カ月)に、また区役所の女性職員の体を触るなどした区長は減給10分の1(1カ月)の懲戒処分となった。

 笠原氏の公募時、応募者は50~60代の商社や金融関連企業の元社員などが多く、応募者13人と少なかったことについて松井知事は当時、「任期が3年で結果が出なければ解任もあり、リスクが高いので、報酬面など身分保障の見直しが必要かもしれない」と述べていた。

「産経WEST」のランキング