産経WEST

【オリチア&チアドラ リーダーは同級生(1)】「新体操」と「バトン」、夢をあきらめた先にあった世界

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【オリチア&チアドラ リーダーは同級生(1)】
「新体操」と「バトン」、夢をあきらめた先にあった世界

 プロ野球12球団で『チアチーム』を抱えているのは10球団。そのうち2球団の『キャプテン』が、高校時代の同級生という“奇縁”で結ばれていた。オリックスの『Bs Dreams』でキャプテンを務める石原比佐恵(22)と、中日の『チアドラゴンズ』でリーダーを務める本多里香(21)は、ともに愛知県内の同じ高校に通い、比佐恵はバトントワリングで、里香は新体操でそれぞれ世界大会に出場した真のアスリート。その後、比佐恵は大阪で、里香は地元愛知で、それぞれの目指す道を歩んだ。高校卒業から3年後の昨年、2人はプロ野球球団のチアとして再会。今季はオールスターの舞台で“共演”を果たした。2人の『同級生物語』を、5回にわたって、つづってみた。

 それは一体、どれくらいの確率なのだろうか。

 高校の同級生がプロ野球のチアとしてグラウンドに立つ。しかも、同じ年に、それぞれが『主将』の大役を担っている-。

 「想像もつきませんでした。まずあり得ないことですよね。同じクラブでもなかったですし、卒業して会ったのも、比佐恵がチアになってからで…。でも、同じ年に一緒にリーダーができる。すごくありがたい経験ですし、奇遇ですよね」

 里香の“驚き”も、当然のことかもしれない。

 比佐恵と里香の出会いは高校の入学式だった。13クラスあった学年で、2人は隣のクラスだった。

「産経WEST」のランキング