産経WEST

【ベテラン記者のデイリーコラム・平松澄子の麗しの歌劇】月組娘役トップ・愛希れいか 華麗なる転身 「ミー&マイガール」でヒロインのサリーに挑戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ベテラン記者のデイリーコラム・平松澄子の麗しの歌劇】
月組娘役トップ・愛希れいか 華麗なる転身 「ミー&マイガール」でヒロインのサリーに挑戦

娘役→男役→娘役

 ロンドン・ミュージカルの名作「ME AND MY GIRL(ミー&マイガール)」が、宝塚歌劇団月組の選抜メンバーにより5月4~20日、大阪市北区の梅田芸術劇場メインホールで上演される。ロンドン初演は1937年と古いが、日本では87年に宝塚が月組で初演して以来、再演を重ねている人気作で、今回で7度目になる。トップスター・龍真咲が演じる主人公ビルの恋人、サリー役は娘役トップの愛希れいか。男役から転向して次々にヒロインの大役に挑んでいるが、「サリーはあこがれの役。ハッピーなミュージカルで、何度も見た大好きな作品です」と喜んでいる。

 愛希は福井県坂井市出身。3歳ごろからクラシックバレエを習っており、宝塚歌劇を初めて見たのは小学校低学年のとき、宙組の「エクスカリバー~美しき騎士たち~」だったという。「地元に来た公演を母と見たんです。そのときから好きになったんですが、高校受験のときに宝塚も受験できることを知って、チャレンジしました」と、1回で合格した。

 2007年に宝塚音楽学校入学。1年目の予科生は娘役だったが、2年目の本科生では男役に転向した。「入学したときは背が低かったんですが、本科生になると背も伸びたので、男役に挑戦してみたくなったんです。自分でも何でそんな気持ちになったのか、今振り返ってもわからないんですが、音楽学校時代でしか経験できないことだと思って転向しました」

 歌劇団には09年に男役として入団。月組に配属され、2年目には「THE SCARLET PIMPERNEL」のルイ王太子役に抜擢されるが、次の「ジプシー男爵」では初めて娘役のヴォルガを演じた。「真咲さんの恋人役だったんです。それまで周囲から娘役転向をすすめられたこともあったんですが、私はそんな気はなかった。でも、真咲さんだけは“絶対に娘役の方がいい”とはっきり言ってくださったんです。その言葉が大きかったですね」

「産経WEST」のランキング