産経WEST

【わが社のオキテ】「親孝行月間」に1000万円を支給 フジ住宅が社員に求めるものは…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【わが社のオキテ】
「親孝行月間」に1000万円を支給 フジ住宅が社員に求めるものは…

 大阪府を中心に分譲住宅事業などを手がけるフジ住宅は、毎年4月を「親孝行月間」と定めている。全社員に“金一封”が手渡され、親孝行のためならどう使おうと自由。そこには「一社会人である前に、一人の人間として立派であれ」という社員へのエールが込められている。ともすれば、人を押しのけてでも“結果”で勝負するのがビジネスの世界。もちろん、それを一概に否定するわけにはいかないが、人として最も大切なものは何か、とこの制度は社員に問いかけている。

4月1日、全社員に1万円の「寸志」を支給

 「自分の家族を大切にできないような社員が、取引先を大切にできるはずがない。感謝の気持ちを常に持ってほしい」

 「親孝行月間」導入のねらいについて、石本賢一取締役はこう説明する。

 親孝行月間は平成16年に導入した。毎年4月1日、宮脇宣綱社長が「寸志」と書かれた封筒を社員全員に渡す。その額1万円。正社員だけでなく、契約社員やパート社員も含めた全在職者が対象で、支出額は1千万円を超え、半端な金額ではない。

 それでも「それに見合うだけの効果は十分にある」と石本取締役は断言する。その理由は何だろう。

 社員は1万円をどのように使ったかを文書で報告することになっている。その内容を見ていて、社内外に対して思いやりのある、優しい社員の比率が高くなっていることを実感するからだという。

「産経WEST」のランキング