大阪市交通局職員を金密輸未遂の疑いで逮捕 福岡県警

 

 福岡県警は13日までに、金の延べ板を密輸しようとしたとして関税法違反の疑いで、大阪市交通局職員の大成牧生容疑者(54)=堺市堺区=とアルバイト、笹川雄平容疑者(25)=神戸市北区=を逮捕した。

 逮捕容疑は3月21日、韓国から福岡空港に到着した際、それぞれが金約3キロ(約1300万円相当)を足の裏に粘着テープで貼り付けた上で靴を履くなどして隠し、密輸しようとしたとしている。延べ板は1枚が縦約10センチ、横約5センチ、厚さ約1センチで、3枚ずつを持ち込んだという。

 県警によると、大成容疑者は「多額の借金があった」と容疑を認めている。2人は同じ日程で渡航しており、県警は組織に依頼された可能性があるとみて調べている。

 大阪市交通局は「誠に申し訳なく、深くおわびする。事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントした。

▼【関連ニュース】「旧日本軍の財産」話の中国人を逮捕 偽の旧一万円札を輸入「中国の闇工場で作った」

▼【関連ニュース】「本物の水素水」と「インチキ水素水」…ブログ書いた水素水の研究者に、水素水メーカーが賠償4400万円要求