パラリンピック

ウィルチェアーラグビー/wheelchair rugby

ウィルチェアーラグビー/wheelchair rugby

競技概要

ウィルチェアーラグビーは、四肢に障害のある人向けに考案された、車椅子で競技するチームスポーツです。相手の攻撃を阻止したり防御を打破するため、車椅子によるタックルが認められるなど、激しいスポーツです。衝突に耐えられるよう、頑丈かつ形状に工夫がなされた専用の車椅子を使用します。

1チーム4人で構成され、1試合で8分間のピリオドを4回行います。バスケットボールのコートを使用し、バレーボールを参考に開発された専用ボールをゴールまで運びます。通常のラグビーと異なり、前方へのパスも可能で、投げたり、転がしたり、ドリブルや膝の上に乗せるなどして、ボールを持った選手の車椅子車輪が、ゴールラインを超えると得点になります。選手は障害のレベルによって、持ち点が0.5から3.5まで7クラスに分類され、競技中のコート上の4選手の持ち点の合計は8.0までと定められています。4人の中に女子選手が含まれる場合は、0.5点の追加ポイントが許可され、チームの合計は8点を超えることが許されます。

歴史

ウィルチェアーラグビーは、四肢麻痺者等(頸髄損傷や四肢の切断、脳性まひ等で四肢に障害を持つ者)が、チームスポーツを行う機会を得るために1977年にカナダで考案され、欧米では広く普及している車椅子による国際的なスポーツです。

当初はその競技の激しさから"マーダーボール(MURDERBALL〈殺人球技〉)"と呼ばれていた歴史を持っています。1996年のアトランタパラリンピック大会にデモンストレーション競技として初登場し、2000年のシドニーパラリンピック大会から正式競技となりました。

対象障害

肢体不自由(上下肢障害)
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

国立代々木競技場
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング