パラリンピック

車いすフェンシング/wheelchair fencing

競技概要

車いすに座った選手が、相手を剣で突いてポイントを競う競技です。

車いすフェンシングのルールは、基本的に健常者のフェンシングと同じですが、「ピスト」という装置に車いすを固定し、上半身だけで戦うという特色があります。種目は男女とも「フルーレ(胴体のみの突き)」「エペ(上半身の突き)」「サーブル(上半身の突きと斬り)」があり、それぞれ障害の種類や程度によって、2つのクラスに分かれます。

ユニフォームとマスクを身につけ、金属製の剣を使って戦います。座った姿勢で行うため、健常者のフェンシングのように足を使ったフットワークを使うことができず、剣のコントロールとスピードが勝負を分ける大きなポイントになります。お互いに相手のすきをついて、目にも止まらぬ速さで攻撃するスピード感は、健常者のフェンシングに負けない迫力です。

歴史

車いすフェンシングは、1960年の第1回ローマパラリンピック大会から正式競技として行われており、特にヨーロッパで盛んな障害者スポーツです。日本では1998年に日本車いすフェンシング協会が設立されました。日本選手は、2000年のシドニーパラリンピック大会から2008年の北京パラリンピック大会まで、3大会連続で出場を果たしました。

対象障害

肢体不自由(下肢障害)
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

幕張メッセ
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング