競技紹介

パラリンピック

シッティングバレーボール/sitting volleyball

シッティングバレーボール/sitting volleyball

競技概要

シッティングバレーボールは、床におしりをつき、座った姿勢でプレーする6人制のバレーボールです。

ボールは一般のバレーボール球と同じですが、コートの広さは一般のバレーボールコートよりも狭く(サイドライン5メートル、エンドライン6メートル)、座位で行えるよう、ネットの高さも低く設定されています(男子1.15メートル、女子1.05メートル)。サーブ、スパイク、ブロックの時は、おしりを床から離すことはできませんが、レシーブの時だけは、一瞬、床から離すことが認められています。

試合は、5セットマッチで行われ、先に3セット取得したチームの勝ちとなります。1から4セットは、先に25点とったチームがそのセットを取得しますが、最後の5セット目だけは、先に15点とったチームがセットを取得できます。(※デュースの場合は、2点差がついた時点で勝敗が決まります。)

歴史

シッティングバレーボールは、1956年に戦争などで負傷し、障害を負った人たちのためのリハビリテーションとして考え出されました。1957年にオランダで初の大会が開かれ、1980年のアーネムパラリンピック大会で正式競技となりました。ただし、この時は男子のみで、女子のシッティングバレーボールが加わったのは、2004年のアテネパラリンピック大会からです。

対象障害

肢体不自由
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

幕張メッセ
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング