パラリンピック

パラ射撃/shooting para sport

競技概要

パラ射撃は、「ライフル」あるいは「ピストル」と呼ばれる銃器を用いて的を撃ち抜き、その得点を競い合う競技です。

パラ射撃は、空気銃(エア)と火薬銃、的までの距離(50メートル、25メートル、10メートル)、撃ち方などで種目が分かれています。撃ち方には、立って撃つ「立射(りっしゃ)」と、うつ伏せで撃つ「伏射(ふくしゃ)」があります。車椅子の選手は、立射を車椅子に座った状態で、伏射をテーブルにひじをついた状態で撃ちます。出場選手は、障害の状態によって「SH1(銃器を自分の腕で保持し射撃する)」か、「SH2(規定のスタンドを用いて銃器を保持し射撃する)」のいずれかのクラスに分類されます。

1発の満点は10点で、満点を狙うには、エアライフルの場合、的の中心にある直径わずか0.5ミリメートルのマークに命中させなければなりません。中心から離れるほど得点が低くなり、的から外れると0点になります。

歴史

パラ射撃は、銃器が発達した15世紀から16世紀のヨーロッパでおこった競技といわれ、徐々に世界へ広まっていきました。射撃は、1976年のトロントパラリンピック大会から正式競技となりました。

対象障害

肢体不自由(下肢障害)
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

陸上自衛隊朝霞訓練場
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング