パラリンピック

ボート/rowing

競技概要

ローイングは、1人、または複数の選手でボートを漕ぐ競技です。選手は障害の程度によって競技種目が異なり、「ASクラス」(腕と肩のみで漕ぎ、歩行ができない。車椅子の選手が対象。)、「TAクラス」(胴体と腕を使って漕ぐことができる。下肢切断、脳性まひ、の選手が対象。)、「LTAクラス」(片足と胴体、腕を使って漕ぐことができる。上下肢障害、脳性まひ、視覚障害の選手が対象。)のいずれかにクラス分けされます。

そして、各クラスごとに、4人の漕ぎ手(男女混成2:2)と1人のコックス(指示、舵を握る人)で1チーム(クルー)の「フォア(4人それぞれが一本のオールを漕ぐ)」、男女混成(1:1)の2人乗り「ダブル・スカル(2人乗り、両手漕ぎ)」、男女別の1人乗り「シングル・スカル(1人乗り、両手漕ぎ)」の3種目4競技があります。

競技は、浮き(ブイ)で仕切られた直線2000メートルの6つのコースで行われます。各ボートは、スタートの合図に合わせて同時に漕ぎはじめ、ボートの先端がゴールを通過した順に順位がつけられます。

歴史

ローイングは、2008年の北京パラリンピック大会から、正式競技となりました。歴史の浅いローイングですが、日本は、北京パラリンピック大会、ロンドンパラリンピック大会、リオデジャネイロ大会と、3大会連続で代表選手を送りこんでいます。

対象障害

肢体不自由(上下肢障害)
視覚障害
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

海の森水上競技場
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング