5人制サッカー/football 5-a-side

競技概要

視覚障害の選手が参加するサッカーです。1チーム5人で、フットサルと同じサイズのコートで、両サイドライン上に高さ1mほどのフェンスが並びます。転がるとシャカシャカと音が出るボールを使用し、前半・後半各20分(プレイングタイム)を戦います。

アイマスクをつけてピッチを走る選手(フィールドプレーヤー)は4人で、ゴールキーパーは視覚障害のない選手または弱視の選手がつとめ、監督、ガイド(コーラー)と共に声で選手にボールや相手選手の位置、状況などの情報を声で伝えます。

ボールを持った相手に向かっていくときは、「ポイ!(スペイン語で「行く!」の意味)」と声をかけます(この声を出さないとファウルになります)。選手が相手ゴールを目指して自由に走り回り、私たちの想像をはるかに超える迫力あるプレーが繰り広げられます。

歴史

視覚障害者によるサッカーは、1980年のはじめに開発され、ヨーロッパや南米を中心に広まりました。「ブラインドサッカー」とも呼ばれるこの競技が日本に紹介されたのは2001年のことです。2004年のアテネパラリンピック大会から正式競技となりました。

対象障害

視覚障害(全盲)、GKのみ晴眼者もしくは弱視者
(2016年リオデジャネイロ大会時点)

競技会場

青海アーバンスポーツ会場
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング