パラリンピック

バドミントン/badminton

バドミントン/badminton

競技概要

バドミントンは、2020年の東京パラリンピック大会で初めて、正式競技となります。初めて行われる競技のため、パラリンピックでの具体的なルールや障害区分などはまだ決まっていません。

ここでは、現在行われている一般的なルールをご紹介します。

ルールはおおむね、オリンピックのバドミントンと同じで、1ゲーム21点マッチ方式で3ゲームおこない、2ゲーム先取で勝利となります。一方、車いすを使用するシングルスはコートを半面にして行ったり、シャトルを打つ瞬間は競技者の胴体の一部分が車いすのシートに接していなければならなかったりなど、特別なルールもあります。

障害の程度に応じて3つのカテゴリー(立位上肢・立位下肢・車いす)に分かれており、さらに、障害の度合いによって6つのクラスに分けて、シングルス(男子・女子)、ダブルス(男子・女子)、混合ダブルスを行います。

歴史

バドミントンは、19紀半頃にイギリスで誕生し、それが世界各地に伝えられました。その後、1934年にイギリスをはじめ、バドミントンの先進国であるカナダ、ニュージーランド、デンマーク、オランダ、フランスが集まって、IBF(国際バドミントン連盟)が設立されました。

バドミントンは、2020年の東京パラリンピック大会で初めて、正式競技となります。2006年9月、国際バドミントン連盟は、名称を 世界バドミントン連盟(Badminton World Federation)に変更しています。

対象障害

未定

競技会場

国立代々木競技場
※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング