オリンピック

レスリング/wrestling

レスリング/wrestling

競技概要

試合場 直径9mマット
試合時間 3分間×2ピリオド(インターバル30秒)

用具や防具を使うことなく1対1で対戦します。レスリングには上半身のみを使って防御・攻撃を行う「グレコローマンスタイル」、全身を使って防御・攻撃を行う「フリースタイル」の2つの種別があります。

ここがポイント!

レスリングは円形のマット上で、用具や防具を使うことなく一対一で組み合う緊張感が見どころの一つです。

フリースタイル

全身を自由に使って戦うフリースタイルは、試合の中で素早い技や攻防が展開されます。相手のバランスを崩しタックルで倒すのが一般的で、スピード感溢れる技術展開が楽しめます。

グレコローマンスタイル

グレコローマンスタイルは、相手の下半身を攻撃することが反則となるため、上半身で組み合った投げ技などの大技も多く見られ、ダイナミックな展開が魅力です。

歴史

レスリングの歴史は古く、古代ギリシア時代まで遡ります。紀元前3000年には既に競技として成立していたとも言われています。古代オリンピックにおいても主要競技のひとつで、世界最古の格闘スポーツといえます。

近代オリンピックでは、1896年アテネ大会で実施されましたが、次に登場するのは1904年セントルイス大会です。1912年に国際競技団体が設立され、体重区分やルールが整備されて徐々に競技として成熟しました。

1968年メキシコシティ大会の後、大規模なルール改正が行われ、それまで四角形だった試合場が円形となりました。女子フリースタイルは、2004年アテネ大会から正式種目として採用されました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング