オリンピック

ウエイトリフティング/weightlifting

競技概要

競技用プラットホーム木製4m×4m×厚さ10㎝

「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」を、それぞれ3回ずつ試技します。それぞれのベスト重量の和で順位を競います。バーベルを頭上に挙げ、3人のレフリーの内、2人以上が白いランプをつけた場合に「成功」となります。

ここがポイント!

男女別・体重別の競技のため、体格によるハンディがなく、公平に競技を行える点が大きな特徴です。最終的にはパワーが勝敗を左右しますが、パワー以外にも、テクニック・スピード・タイミング・バランス・柔軟性などスポーツの基本である要素すべてが要求される競技です。

選手がバーベルを持ちあげるのはほんの一瞬です。この一瞬に、選手は持つ力と技術の全てを発揮しています。その一瞬の緊張感と、成功をしたときの大きな喜びとを選手と一緒に味わえるのが、この競技の大きな魅力です。

歴史

古代ギリシアで石を持ち上げて力比べをしていたのが、ウエイトリフティングのはじまりとされています。古代では、部族やグループのリーダーを選ぶ方法の1つに利用されていました。その後、石からシャフトと円形のディスクを組み合わせたバーベルが使われるようになり、スポーツとしての競技が始まりました。

1896年アテネ大会から男子のみ実施されましたが、その後の大会では実施されたり見送られたりとしました。そのころのこの競技は、体操競技の一つとして位置づけられ、体重別の階級もありませんでした。1920年アントワープ大会からオリンピック種目に復帰し、ウエイトリフティングとして単独の競技となり、階級も整備されました。

2000年シドニー大会からは女子種目も追加され、階級の名称も「ヘビー級」や「ミドル級」などから「105kg超級」、「77kg級」などに改められました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング