テニス/tennis

テニス/tennis

競技概要

コート:縦23.77m
横シングルス8.23m
ダブルス10.97m
ネットの高さ:中央部0.914m

ネットを挟んで、ボールをラケットで打ち合います。男子、女子ともにシングルス(1対1)とダブルス(2対2)の種目と、男女ペアで戦うミックスダブルスがあります。

ここがポイント!

ラブ、フィフティーンなど独特なポイントの呼び方があります。また、デュース、アドバンテージ・サーバーといったコールも覚えると、試合の実況解説の理解がより深まります。

コートでは、選手の感情をストレートに感じることができます。ボールを打ち合いながらの選手同士の駆け引きとそこから生じる緊張感は、見るものを圧倒します。

歴史

この競技の起源としては紀元前にまで遡ることができ、古代エジプトにおいて宗教的な行為のひとつとしてこのような球技が行われていたようです。その後、古代ローマ帝国でもレクリエーションの1種類として行われていたようですが、現在のテニスにあたる球技は、8世紀ごろにフランスで発生し、フランス貴族の遊戯として定着しました。

オリンピック競技としては、1896年アテネ大会から行われていましたが、テニス競技のプロフェッショナル・トーナメントの台頭により、1928年アムステルダム大会で五輪競技から除外されることが決定しました。オリンピックのアマチュアリズムに反するとされたためです。その後、オリンピックにプロ選手の参加を認められるようになり、1988年ソウル大会から、1924年パリ大会以来64年ぶりにテニス競技が復活しました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング