オリンピック

射撃/shooting

射撃/shooting

競技概要

銃器を用いて標的を撃つ、精度の高さを競う競技です。

ライフル射撃

10mから50m先にある固定された標的の中心を狙い撃ちます。
※ライフル
10mの標的 直径4.55㎝
(的の中心は地上面から1.4mの高さ)
50mの標的 直径15.44㎝
(的の中心は地上面から0.75mの高さ)
※ピストル
50mの標的 直径50㎝
(的の中心は地上面から0.75mの高さ)
25mの標的 直径50㎝
(的の中心は地上面から1.4mの高さ)10mの標的 直径15.55㎝
(的の中心は地上面から1.4mの高さ)

クレー射撃

散弾銃を用いて、空中に放たれるクレーと呼ばれる素焼きの小さい皿を標的として、撃ち落とします。
トラップ、スキート、トラップ・ミックスの3種目があります。

ここがポイント!

この競技は種目により、使用する銃や銃を構える姿勢、弾の数などに違いがあります。体力よりも精神力が必要となるスポーツです。集中力をいかに高められるかが勝負の分かれ目になります。

ライフル射撃

ライフル射撃は中心からのわずかな弾着のずれで順位が入れ替わるという、メダルを競う経過が大変劇的な競技です。決勝では、1発ごとに点数が表示され場内にアナウンスされます。集計結果も電光掲示板で表示され、1発ごとに順位が変わるのを目の当たりにできます。観る者に試合展開がわかりやすくなっており、手に汗握る興奮を味わうことができます。

クレー射撃

クレー射撃は、秒速22~30mで飛ぶ標的を、秒速300m以上の散弾で撃つため、瞬時の判断力と精密な動作が要求されるスポーツです。張り詰めた緊張感の中、命中した時に標的が砕けるさまは迫力満点です。

歴史

ライフル射撃

ライフル射撃は、銃器の発達とともに15~16世紀のヨーロッパを中心に始まったと言われています。その後、世界各国にスポーツとしての射撃が広まり、1896年アテネ大会では正式種目として採用され、その後も1928年アムステルダム大会を除いて継続して実施されています。現在では参加国数が陸上競技に次いで多い、世界では大変ポピュラーな競技です。

クレー射撃

クレー射撃は、18世紀後半ヨーロッパの貴族が、当時王族しか楽しめなかった狩猟を模して、標的として鳩を放し、撃ち落としたものが始まりです。鳩の替わりに素焼きの皿(クレー)を標的として競技化したものが、現在のクレー射撃です。オリンピック競技になったのは1900年パリ大会からです。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング