競技紹介

オリンピック

セーリング/sailing

競技概要

セールを流れる風の揚力を動力として、水上を滑走する速さ・技術を競う競技です。

種目によって1~2人で小型セールボートに乗り、レース海面に設置されたブイを、決められた順序に決められた回数を回り、フィニッシュします。着順を点数化し、総得点が低いものから順位が決まります。

種別

ヨット、ウインドサーフィン

ここがポイント!

他艇と成績を競うスポーツです。一方、その大前提として自然を相手に競うスポーツであることを忘れてはなりません。海というスケールの大きな競技エリアの中、天候、風の状況、潮流の影響、波の状態などを勘案してヨットのセッティングを行うことで、海や自然との一体感を感じられる、これがセーリングの魅力です。

スタートの一番のポイントは速度、タイミング、位置。最も速いスピードでベストな位置から時間ピッタリにスタートすれば、その後のレース展開は有利になります。他艇との位置関係、コース取り、コース全体を俯瞰的に見る視点なども大切。選手たちは、場面ごとの判断で勝負を進めていくチェスや将棋のようなゲーム感で戦略と戦術を駆使しながらフィニッシュラインを目指します。そして何よりも鍛えられたアスリートであることが選手には求められ、ヨットのスピードを最大限に引き出すための瞬時の判断力、忍耐力、瞬発力、そして体力を総合的に競います。自然の真っただ中で安全にレース艇を走らせながら他艇と競い合う緊張感、種目を問わずこれがセーリングの醍醐味なのです。

歴史

ヨットの発祥はオランダといわれてます。その後、イギリスへ渡り普及しました。主に輸送や連絡などの実用的な用途に使われ、レジャーとして利用したのはイギリスのチャールズ2世が最初といわれています。

オリンピックでは、1896年アテネ大会から正式種目です。しかし、この大会は天候が悪く中止され、幻となりました。1900年パリ大会から実施されています。競技で使用される艇の種類は、現在までに幾度か変更されています。

1984年ロサンゼルス大会から、いわゆるヨットと呼ばれる種別に加え、ウインドサーフィンが採用されています。それを機に、ヨットからセーリングへと競技名も変わりました。

競技会場

※東京都オリンピック・パラリンピック準備局ウェブサイトより転載(2017年6月現在)

東京五輪2020まであと

「総合」のランキング